商品一覧

子宮頸癌治療ガイドライン 2017年版

おすすめ

著者/編者
日本婦人科腫瘍学会
ISBN
978-4-307-30133-6
出版社
金原出版
発行日
2017年7月
版サイズ
B5 / 224p
価格
3,456円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 商品についてのお問い合わせ
6年ぶりの改訂となる2017年版では、鏡視下手術、子宮温存術式、センチネルリンパ節生検、治療後のホルモン補充療法などに関するCQが新設された。既存項目についても検索式を用いた網羅的な文献検索を行いアップデート。計35のCQを収載している。また、本邦でのエビデンスが十分でないCQには、「明日への提言」としてガイドライン委員会の見解も示された。

【目次】
第1章 ガイドライン総説
第2章 子宮頸部前癌病変とIA期の主治療
総説
 I 子宮頸部前癌病変/II IA期
CQ01 円錐切除術で診断したCIN3とAISに対して推奨される対応と治療は?
CQ02 子宮温存治療後に再発したCIN3に対して、どのような治療が推奨されるか?
CQ03 IA1期に対して推奨される治療は?
CQ04 IA2期に対して推奨される治療は?
CQ05 単純子宮全摘出術後にIB期またはそれ以上と診断された場合、推奨される治療は?
第3章 IB期とII期の主治療
総説
CQ06 IB1・IIA1期扁平上皮癌に対して推奨される治療は?
CQ07 IB2・IIA2期扁平上皮癌に対して推奨される治療は?
CQ08 IIB期扁平上皮癌に対して推奨される治療は?
CQ09 IB・II期扁平上皮癌に対して術前化学療法(NAC)は推奨されるか?
CQ10 IB・II期に対して腹腔鏡下手術、ロボット支援下手術は推奨されるか?
CQ11 子宮温存術式の適応は?
CQ12 センチネルリンパ節生検によるリンパ節郭清の省略は推奨されるか?
CQ13 広汎子宮全摘出術の場合に卵巣温存は推奨されるか?
CQ14 IB・II期に対する傍大動脈リンパ節郭清・生検の意義は?
CQ15 IB・II期腺癌に対して推奨される治療は?
第4章 IB期とII期の術後補助療法
総説
CQ16 推奨される術後補助療法は?
CQ17 術後補助放射線治療を施行する場合、推奨される照射方法は?
CQ18 傍大動脈リンパ節領域への予防照射の適応は?
第5章 III期とIV期の主治療
総説
CQ19 III・IVA期に対する初回放射線治療では、放射線治療単独と同時化学放射線療法(CCRT)のいずれが推奨されるか?
CQ20 III・IVA期に対して同時化学放射線療法(CCRT)を施行する場合、推奨される薬剤は?
CQ21 III・IVA期に対して主治療前に施行する化学療法は推奨されるか?
CQ22 III・IVA期に対して初回手術療法は推奨されるか?
CQ23 IVB期に対して推奨される治療は?
CQ24 III・IV期腺癌に対して推奨される治療は?
CQ25 TNM分類のT3、T4で傍大動脈リンパ節転移のある症例の治療は?
第6章 再発癌の主治療
総説
CQ26 前治療として放射線治療が施行されていない場合、骨盤内に限局した再発に対して放射線治療は推奨されるか?
CQ27 照射野内再発に対して推奨される治療は?
CQ28 照射野外再発、あるいは放射線治療を施行していない場合の骨盤外再発に対して推奨される治療は?
CQ29 再発癌に対して全身化学療法を行う場合、推奨されるレジメンは?
第7章 妊娠合併子宮頸癌の治療
総説
CQ30 妊娠中のCIN3・AISに対して推奨される対応は?
CQ31 妊娠中にIA期が疑われる場合の対応は?
CQ32 妊娠中のIB・II期に対して推奨される治療は?
第8章 治療後の経過観察
総説
CQ33 治療後の経過観察として推奨される間隔は?
CQ34 治療後の経過観察において留意すべき項目は?
CQ35 治療後のホルモン補充療法は推奨されるか?
第9章 資料集
 I 抗悪性腫瘍薬の有害事象一覧/II 子宮頸癌に用いることが多い抗悪性腫瘍薬と保険適用の有無/III 略語一覧
文献検索式
索引
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら