商品一覧

小児急性中耳炎診療ガイドライン 2018年版

新刊

著者/編者
日本耳科学会/ 日本小児耳鼻咽喉科学会 / 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会
ISBN
978-4-307-37122-3
出版社
金原出版
発行日
2018年6月
価格
2,592円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 商品についてのお問い合わせ
5年ぶりの改訂では従来の構成を引き継ぎつつ、時代に沿った質を担保し、可能な限り実臨床に即したガイドラインを目指した。エビデンスの評価法やCQを大幅に見直した。推奨の決定には患者が受ける益と害のバランスを反映させた。抗菌薬の投与期間は実臨床に即して3〜5日間と幅を持たせた。また鼓膜切開を選択できる場面を増やす一方、実施できない環境にも配慮した。反復性中耳炎に関するCQも追加し充実させた。

【目次】
第1章 作成の経緯と概要
1.要約
2.作成者
3.資金提供者・スポンサー
4.作成の背景および沿革
 1)抗菌薬治療の変遷
 2)本ガイドラインの沿革
5.作成目的ならびに目標
6.利用者
7.対象
8.急性中耳炎の定義
9.本邦における小児急性中耳炎難治化の細菌学的背景と現況
 1)小児急性中耳炎症例からの検出菌について
 2)肺炎球菌とインフルエンザ菌の薬剤感受性成績
10.エビデンスの収集
 1)使用したデータベース
 2)検索期間
 3)採択基準
 4)採択法
11.推奨および推奨度の決定基準
 1)エビデンスの質
 2)推奨の強さ
 3)エビデンスと推奨の表示法
12.エビデンス統合のための手法
13.リリース前のレビュー
14.更新の計画
15.推奨および理由説明
16.患者の希望
17.治療アルゴリズム
18.実施における検討事項

第2章 Clinical Questions(CQ)
1.診断・検査法
 CQ 1-1 急性中耳炎はどのような状態のときに診断されるか
 CQ 1-2 急性中耳炎の診断に問診は必要か
 CQ 1-3 急性中耳炎の診断にティンパノメトリーは有用か
 CQ 1-4 急性中耳炎の重症度はどのようにして判定されるか
 CQ 1-5 反復性中耳炎はどのような状態のときに診断されるか
2.予防
 CQ 2-1 肺炎球菌結合型ワクチン(PCV)は小児急性中耳炎の予防に有効か
3.治療
 CQ 3-1 急性中耳炎に抗菌薬を使用する場合に何を使用するか
 CQ 3-2 急性中耳炎の鎮痛に抗菌薬は有効か
 CQ 3-3 抗菌薬の投与期間はどのくらいが適切か
 CQ 3-4 軽症の急性中耳炎の治療として抗菌薬非投与は妥当か
 CQ 3-5 鼓膜切開はどのような症例に適応となるか
 CQ 3-6 点耳薬は急性中耳炎に有効か
 CQ 3-7 抗ヒスタミン薬は急性中耳炎に有効か
 CQ 3-8 鼻処置は急性中耳炎に有効か
 CQ 3-9 反復性中耳炎に対して鼓膜換気チューブは有効か
 CQ 3-10 反復性中耳炎に対して漢方薬は有効か
 CQ 3-11 反復性中耳炎に対して免疫グロブリン製剤は有効か
4.小児急性中耳炎症例の治療アルゴリズム

第3章 参考資料
1.用語の定義と解説
 1)難治性中耳炎(難治性急性中耳炎)refractory acute otitis media
 2)遷延性中耳炎(遷延性急性中耳炎)persistent acute otitis media
 3)反復性中耳炎(反復性急性中耳炎)recurrent acute otitis media
 4)再燃 relapse
 5)再発 recurrence
2.薬剤感受性による肺炎球菌の分類
3.薬剤感受性によるインフルエンザ菌の分類
4.細菌学的検査
 1)意義
 2)検体採取
 3)検体をすぐ提出できない時はどうするか?
 4)グラム染色
 5)培養検査で何がいつごろわかるのか?
 6)薬剤感受性試験
 7)抗原検査
5.抗菌薬略語と一般名一覧
 1)本ガイドラインで推奨される抗菌薬
 2)本ガイドライン中に引用された抗菌薬

索引

巻末カラー
小児急性中耳炎症例の治療アルゴリズム(2018年版)
鼓膜所見
急性中耳炎診療スコアシート(2018年版)
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら