商品一覧

精巣腫瘍取扱い規約

第4版

新刊

著者/編者
日本泌尿器科学会・日本病理学会 ・ 日本医学放射線学会・ 日本臨床腫瘍学会
ISBN
978-4-307-43061-6
出版社
金原出版
発行日
2018年8月
価格
4,320円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 電子書籍版ページへ
  • 商品についてのお問い合わせ
13年振りに病期分類、病理組織分類、治療効果判定を大改訂。
精巣腫瘍では信頼性の高い基準に基づいて適切かつ迅速な診断と治療を行い、データを蓄積することは重要である。転移を有する進行例でも、適切に診療することにより80%以上を治癒に導くが、誤った診療は予後を著しく損なう。第4版においては病期分類、病理組織分類、治療効果判定等を中心に全面的に改訂した。文言を新しくするのみならず、画像所見、顕微鏡写真などの付加的情報も、新しい知見および分類に即して刷新された。

【目次】
総説
1 目的
2 対象

第1部 臨床的事項
A.病歴記載法
1 個人識別に必要な事項の記載法
2 臨床症状の記載法
B.臨床所見記載法
1 身体所見
2 受診時の一般全身状態
3 血液、生化学的検査および精液検査
4 画像診断
5 高位精巣摘除術の取扱い
C.臨床(術前)診断の総合評価
1 治療前臨床病期分類
2 TNM分類(UICC)
3 TNM臨床病期分類
4 日本泌尿器科学会病期分類
5 IGCCC(International germ cell consensus classification)
6 サルベージ療法開始前の予後評価(IGCCC2)
7 性腺外胚細胞腫の疫学と診断
D.治療方法の記載法
1 手術療法
2 化学療法
3 放射線療法

第2部 病理学的事項
1 基本方針
2 検索材料の由来および施行された治療
3 検索材料の取扱いおよび検索方法
4 組織分類
5 組織分類の説明
6 pTNM病理組織学的分類
7 報告書記載例
8 病理組織写真

第3部 治療効果判定基準
A.治療効果の判定
1 治療効果判定法
2 ベースライン(治療前)での評価
3 効果判定とその方法
4 時点効果Time point responseの判定
5 最良総合効果判定
6 効果判定の頻度
7 確定のための測定/奏功期間
8 無増悪生存期間/無増悪生存割合
9 最良総合効果に関する結果の報告
B.組織学的治療効果判定基準
1 検索材料
2 判定基準分類
C.QOL
D.Follow-up基準
E.転帰記載法
F.治療成績の集計方法

第4部 有害事象
A.有害事象記載法
B.早期有害事象
C.晩期有害事象

資料1 生活の質調査票 EORTC QLQ-C30
資料2 生活の質調査票 EORTC QLQ-TC26
資料3 化学療法有害事象(早期および晩期):有害事象共通用語V4.0 日本語訳JCOG版(CTCAE v4.0-JCOG)(抜粋)
資料4 放射線療法有害事象(早期および晩期):有害事象共通用語V4.0 日本語訳JCOG版(CTCAE v4.0-JCOG)(抜粋)
資料5 RTOG/EORTC 遅発性放射線反応評価基準(日本語訳JCOG版第2版)(抜粋)
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら