商品一覧

写真でみる乳幼児健診の神経学的チェック法

改訂9版

新刊

著者/編者
前川喜平(東京慈恵会医科大学名誉教授)
小枝達也(国立成育医療研究センターこころの診療部長)
ISBN
978-4-525-28859-4
出版社
南山堂
発行日
2017年2月
版サイズ
四六判倍 / 330p
価格
6,264円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 電子書籍版ページへ
  • 商品についてのお問い合わせ
乳幼児健診における神経学的発達の診かたが手に取るようによくわかる!
豊富な写真を用いて,乳幼児の神経学的発達の診かたや評価方法をわかりやすく解説している本書は,乳幼児健診の実践書や専門学科の教科書として超ロングセラーとなっている.改訂9版は育児支援や発達障害の診かたに関する解説を充実させるなど,母子保健の最新動向に即して内容をアップデートした.乳幼児健診に携わるすべての医療者必携!

【目次】
第1部 これからの乳幼児健診に必要な知識・技能
 I.これからの乳幼児健診
 II.子どもの発育を理解するために必要な理論
 III.健康指向の健診の実際
 IV.要支援家庭の早期発見と対応
 V.育児支援の実際
 VI.心の健康のチェックと対応

  第2部 乳幼児健診に必要な医学的知識
 I.配偶子病(染色体異常)
 II.遺伝病
 III.胎児に影響を及ぼす因子
 IV.低酸素性虚血性脳症
 V.低出生体重児と子宮内発育遅滞
 VI.アプガースコアとその意味
 VII.脳障害のときにみられやすい新生児期の症状
 VIII.無症状性神経学的異常の診断
 IX.新生児期における神経学的異常と予後

第3部 乳幼児健診に必要な発達神経学的知識
 I.神経の発達
 II.姿勢の発達
 III.反射の発達
 IV.神経の発達と行動発達

第4部 神経学的発達チェック法
 I.基本事項
 II.各月齢別のチェックポイント
 III.正常発達の個人差と種々のパターン

第5部 発達の遅れの原因と診断
 I.乳児期における脳障害の早期診断
 II.脳性麻痺(CP)の診断
 III.知的障害の診断
 IV.フロッピーインファントの診断
 V.言葉の遅れ
 VI.発達障害の診かた
 VII.視力障害,聴力障害の診かた

  第6部 5歳児健診の実際
 I.5歳児健診の実際
 II.5歳児健診から学校保健への橋渡し
 III.神経学的微徴候の診かた

第7部 事後措置
 I.乳幼児健診のシステム
 II.事後措置
関連商品
お支払いについて

代金引換

※代金は商品配送時に配送員にお支払いください。

クレジットカード

※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXのカードがお使いいただけます。

自動引落会員

※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。

公費払い

※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。

詳しくはこちら
送料・発送について

送料・代引手数料は全国一律648円で承ります。
20,000円以上ご購入の場合、送料・手数料は弊社が負担いたします。
雑誌年間購読価格には、送料が含まれておりますので、
20,000円以下の場合、金額を訂正の上、ご請求いたします。

詳しくはこちら