商品一覧

研修医のための外科の診かた、動きかた

写真と症例でイメージできる診察から基本手技・手術、全身管理

好評

著者/編者
山岸 文範
ISBN
978-4-7581-1852-1
出版社
羊土社
発行日
2019年6月
版サイズ
B5 / 359p
価格
5,280円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 電子書籍版ページへ
  • 商品についてのお問い合わせ
何を診てどう動くかがよくわかる外科研修の必携書!身体所見からの全身評価,腹痛の診断法や持針器のもち方などの基本手技,周術期管理の知識まで.症例を参考に学べる!

【目次】
第1章 術前の診察から手術室まで
1.腹部診察の基本
2.視診
3.聴診,打診
4.触診
5.腹痛
1 危険な胸部疾患の鑑別
2 腹痛の解析のしかた
3 自発痛の性質(Q)と部位(R)から原因を分類する
6.術前に把握すべき身体所見とは何か?
1 呼吸機能
2 血液
3 循環器・血管系
4 栄養評価
7.手術前後の仕事 〜患者さんが入院してきたら
8.外科の輸液
9.ERAS

第2章 手術で役立つ手技の基本
1.基本中のキホン〜糸結び
2.縫合
3.開腹
4.閉腹
5.創傷処置
6.手術に使う基本的な道具
7.止血法
第3章 知っておきたい外科疾患と外科手術
1.手術室に入る作法
2.鼠径ヘルニアと根治術 研修医が執刀すべき手術 へルニア根治術〜鼠径部切開法
3.虫垂炎と虫垂切除術 研修医が執刀すべき手術 虫垂切除術
4.気管切開
5.胆嚢炎と胆嚢摘出術
6.幽門輪温存膵頭十二指腸切除(PpPD)
7.肝がんと肝切除
8.痔核
9.腸閉塞
10.腹腔穿刺
11.悪性腫瘍の生存率,stage
1 がんのstagingと生存率
2 各がんのstagingと生存率
12.化学療法について

第4章 全身管理で勉強しよう
A.循環器
1.循環器系薬剤
2.循環器合併症の概説
3.術前の循環器評価
4.術後の循環器評価
5.血圧,心拍数〜術後にみられる4つのバイタル異常
6.周術期の循環器合併症
1 心不全
2 心筋虚血
3 弁膜症
4 たこつぼ心筋症(stress cardiomyopathy)
5 PCI症例,抗血小板療法
6 抗凝固療法
7 ペースメーカー
8 心房細動
9 大動脈瘤
10 肺塞栓,深部静脈血栓症(venous thromboembolism:VTE)
B.呼吸器
1.周術期呼吸器イベント発生の予測
2.術前にチェックすべき呼吸器疾患
3.術後呼吸状態のチェックポイント
1 術後の呼吸器における生理学的な変化
2 手術直後から1日目:換気不全が多い!
3 術後2日目から:肺水腫/心不全が多い!
4.周術期の呼吸器合併症
5.ARDS
6.人工呼吸管理
1 帰室時の設定
2 人工呼吸時の使用薬剤
3 換気モードの選択
4 人工呼吸からの離脱
C.腎機能障害
1.血液ガスの読み方
2.術前の腎機能評価
3.術前からの透析患者への対応
4.術後乏尿と急性腎不全
5.術後急性腎不全が発生したら…
6.周術期の電解質異常
1 低Na血症
2 高Ca血症,低Ca血症
3 高K血症
4 低K血症と高Na血症
D.血液
1.貧血
2.輸血の注意点
3.輸血の一般的な副作用
4.大量出血での対処
5.周術期の血液異常
1 血小板減少
2 血小板増多
3 好中球減少
4 好中球増多
5 抗凝固療法中の患者さんに対する手術
E.神経・精神関係
1.術直後の意識障害
2.周術期脳梗塞の発生
3.術後のめまい
4.術後せん妄
5.認知症
6.うつ,不安感と自殺
7.不眠
8.抗精神病薬,抗うつ薬の周術期管理
9.抗てんかん薬の周術期管理
10.統合失調症
F.発熱・感染コントロール
1.術後の発熱
2.抗菌薬選択の基本
3.外科感染症での抗菌薬選択
4.手術における予防的抗菌薬投与
5.術後感染症
1 手術切開創感染
2 腹腔内膿瘍,汎発性腹膜炎
3 術後の下痢
4 胆道系感染症
5 術後肺炎
6 尿路感染症
7 カテーテル感染症
8 真菌感染症
6.細菌培養
7.DIC
8.重症敗血症・ショック
9.破傷風予防 〜外来で外傷をみたら
G.糖尿病,肝機能障害,その他
1.糖尿病の周術期管理
2.術後肝機能障害
3.黄疸を見たときの鑑別
4.高カロリー輸液の副作用,肝胆道系の障害など
5.偽痛風
6.便秘
7.吃逆(hiccup)
8.術後・がん性疼痛
9.その他の薬剤の使い方
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら