商品一覧

新DS NOW 6 良性・救急疾患に対する標準腹腔鏡手術 肝胆膵脾・腹壁編

新刊

著者/編者
北川裕久(倉敷中央病院外科 部長)
新田浩幸(岩手医科大学医学部外科学講座 教授)
ISBN
978-4-7583-1655-2
出版社
メジカルビュー社
発行日
2020年5月
版サイズ
A4
価格
11,000円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 商品についてのお問い合わせ
肝臓・胆道・膵臓・脾臓・腹壁における良性疾患および救急疾患の手術について,操作の手順(Step)をイラストで示し,解剖のどの部分を操作するのかがわかるよう読者をナビゲート。手術のスタートからゴールまでの流れを示し,特に習得すべき手技には「Focus」マークを付けて詳しく解説している。アセスメントではQ&A形式にて若手医師が疑問を抱きやすい点について答え,コラムではその手術について議論のある点や筆者による手術への想いなどを記載している。若手外科医だけでなく,指導医にとっても教え方の参考となる書である。

【目次】
I. 肝臓 / 胆道
1. 肝臓
 腹腔鏡下肝嚢胞開窓術
2. 胆道
 急性胆嚢炎なと?に対する基本的な腹腔鏡下胆嚢摘出術
 慢性胆嚢炎なと?高度な炎症症例に対する腹腔鏡下胆嚢摘出術
 Mirizzi症候群なと?胆管にまて?高度な炎症か?及ふ?症例に対する胆道修復を伴う胆嚢炎手術

II. 膵臓 / 脾臓
1. 膵臓
 低悪性度の IPMN なと?に対する腹腔鏡下脾合併膵体尾部切除術
 低悪性度の IPMN なと?に対する脾温存膵体尾部切除術(SPDP: Kimura法)
 低悪性度の IPMN なと?に対する脾温存膵体尾部切除術(SPDP: Warshaw法)
2. 脾臓
 脾機能亢進症に対する腹腔鏡下脾臓摘出術

III. 腹壁
 鼠径ヘルニア根治術(1) TAPP法
 鼠径ヘルニア根治術(2) TEP法
 腹壁瘢痕ヘルニア修復術 IPOM-Plus法
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら