商品一覧

ペースメーカプログラミングのキモ!

おすすめ

著者/編者
監修:山科 章
著者:五関 善成
ISBN
978-4-7583-1953-9
出版社
メジカルビュー社
発行日
2019年6月
版サイズ
B5 / 178p
価格
5,280円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 電子書籍版ページへ
  • 商品についてのお問い合わせ
これならできる! 困ったときのプログラミングのTips

ペースメーカは新規植込み,交換を含め年間約6万台が患者に植え込まれている。各社よりさまざまな機種が出ているが,搭載される機能も複雑化している。ペースメーカの普及に伴い,他施設で植え込まれた患者を診察・治療するケースも増えているため,医療スタッフは自施設使用のペースメーカのみならず各社のペースメーカ・プログラミングについての基本知識を押さえておく必要がある。また外来フォロー時に問題が起きた場合には,原因特定のうえ,適切な設定に変更する必要が出てくる。 本書では医師,臨床工学技士など関連する医療スタッフが頻度の高い緊急対応やトラブルシューティングも含め,患者の状況に応じた対応・設定について,慌てず対応できるノウハウを提供する書籍である。

【目次】
I 覚えてますかこんなこと,あんなこと −プログラミング前の基本知識のおさらい!−
各種設定・基本の基
(1)ペースメーカモードの設定
(2)レートの設定
(3)ペーシング出力の設定
(4)センシングの設定
(5)極性の設定
(6)AVディレイの設定
(7)不応期の設定

II フォローアップ時に知っておくべきこと
外来時にチェックすべき基本項目
緊急ペーシング
ワイヤレステレメトリ

III こんなときどうする再プログラミング −覚えよう! 取説には書いていないマル秘情報!−
緊急時設定のキモ:ペーシング編
(1)不必要なペーシングが出ている
(2)必要なペーシングが出ない
(3)2:1心室ペーシングしている場合
(4)ペーシング後latencyを認める場合
緊急時設定のキモ:センシング編
(1)心室波を心房側でオーバーセンシング(FFRW)している場合
(2)ペースメーカ起因性頻拍(PMT)を認めた場合
(3)反復性非リエントリー性室房同期(RNRVAS)を認めた場合
(4)偽偽融合収縮(pseudo-pseudo
(5)クロストークが疑われる場合
緊急時設定のキモ:ジェネレータ・リード編
(1)急激な閾値の上昇を認めた場合
(2)リード抵抗が急に上昇または低下していたら
(3)心内電位にノイズの混入を認めたら
緊急時設定のキモ:その他
(1)横隔神経刺激を認めた場合
(2)ペースメーカ症候群
(3)心機能が低下してきた場合
(4)労作時に息切れを自覚する場合
上室不整脈が多い場合
心室不整脈が多い場合
小児の場合
血管迷走神経性失神の場合
主なペースメーカ不具合事象のまとめ
特殊な状況時での設定を求められた場合
リードレスペースメーカ

IV 各種モニタリング機能を活用しよう
不整脈関連モニタリング
心不全関連モニタリング
その他の生体情報モニタリング
遠隔モニタリング

巻末付録(1):ペースメーカ関連用語略語集
巻末付録(2):代表的な各社デバイスとプログラマ一覧
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら