商品一覧

胃内視鏡検査・診断に自信がつく本

早期胃癌がみえる!見落とさない!

新刊

著者/編者
後藤田 卓志・内藤 裕二・藤本 一眞
ISBN
978-4-7653-1763-4
出版社
金芳堂
発行日
2018年11月
価格
8,208円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 商品についてのお問い合わせ
早期胃癌診断学のエッセンス+トレーニング問題61症例!
ピロリ除菌治療の保険適用が拡大されてから、胃粘膜の見え方は多様性を帯びるとともに、胃内視鏡検診も導入された今日にあって、その検査・検診の機会はますます増えてきている
こうした背景のもとに、本書では、胃内視鏡検査・診断に関する知識を新たにまとめ上げ(第1章+関連知識)、胃粘膜を見る目・早期胃癌を拾い上げるための勘所を養うためのトレーニング問題を充実させた(第2章)
胃内視鏡検査において漫然とした「観察」状態から「探す」意識に視点が変わり、早期胃癌を的確に見極め、拾い上げ、質的診断まで自信をもって行うために必要なすべてが,この1冊に集約されている

【目次】
第1章:胃内視鏡検査・診断の基本
1.検査と診断のコツ
1-1 胃の生理学
1-2 胃癌の拾い上げに役立つ胃粘膜所見
1-3 臨床における「胃炎の京都分類」の意義と使い方
1-4 リスク層別化を考慮した観察のコツ
1-5 ピロリ陰性胃癌の診かた?ピロリ未感染胃癌と除菌後胃癌
1-6 見落としの少ない内視鏡の操作手順とコツ
1-7 拡大観察の基礎知識
<関連知識>
・ピロリ感染と胃癌発癌
・対策型胃がん検診における胃内視鏡検診の目的と意義
・早期胃癌典型例でのNBI・BLI画像の比較
2.検査前のポイント
2-1 今だから必要な検査前の問診
2-2 標準的な前処置法(咽頭麻酔や鎮痙剤の使用適応まで)
2-3 抗血小板抗凝固の新ガイドラインを考慮した生検
2-4 鎮静剤の使用について(ガイドラインに準ずる)
2-5 経鼻内視鏡と経口内視鏡の選択について
<関連知識>
・内視鏡検査におけるガイドラインと偶発症および医師の責任
・偶発症と対応

第2章:胃内視鏡検査・診断トレーニング問題
症例1―61
<関連知識>
・Eカドヘリン遺伝子異常胃癌
・LCIの有用性
・ピロリ除菌後のPPI長期使用における異時性胃癌
・EBウィルス関連胃癌
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら