商品一覧

手術室の薬剤”あるあるトラブル”解決塾

さぬちゃん先生の こそ勉ナース&研修医のための

マンガであるある事件を知る!→会話で現場のホンネがわかる!→じっくりレクチャー

新刊

著者/編者
讃岐 美智義(呉医療センター・中国がんセンター麻酔科科長)
ISBN
978-4-8404-7233-3
出版社
メディカ出版
発行日
2020年10月
版サイズ
B5判 160頁
価格
2,970円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 商品についてのお問い合わせ
手術室薬剤を扱うポイントがわかる実践書
ナースや研修医がやりがちな“あるあるトラブル”をマンガで紹介し、会話形式で現場のリアルな声を届け、処置や投薬、薬剤のはたらきなど、その根拠となる知識もじっくり解説。手術室薬剤に関する知識を楽しくひもとく超実践書。こっそり勉強したい人に最適!

【目次】
●手術室のみなさんへ
●本書の内容紹介

◆第1話 オピオイドとケタミン
〜ミズチバって何?〜

◆第2話 吸入麻酔薬
〜セボフルランの瓶は割れる?〜

◆第3話 静脈麻酔薬
〜ドロはドルミカム(R)じゃない?〜

◆第4話 筋弛緩薬と拮抗薬
〜サクシンはステロイドじゃない?〜

◆第5話 交感神経刺激薬
〜エフェドリン10ccって何本?〜

◆第6話 蘇生薬と昇圧薬
〜心停止に硬膜外だって?〜

◆第7話 局所麻酔薬と抗不整脈薬
〜キシロカイン(R)きってって言ったのに〜

◆第8話 インスリン、血液製剤など単位で扱う薬剤
〜ヒューマリン(R)5単位は0.5mLじゃない?〜

◆第9話 術中の電解質輸液製剤
〜ソリタ(R)-T3は、3番目の輸液?〜

◆第10話 膠質液:HES製剤とアルブミン製剤
〜ヘスは輸液のことだった!.〜

◆第11話 パパベリンとオルプリノン、電解質製剤
〜塩パパは塩カルじゃない!〜

◆第12話 術後疼痛管理(PCAなど)
〜PCAって静注じゃないの?〜

INDEX
薬剤一般名INDEX
薬剤商品名INDEX
著者略歴

【本書でとりあげる薬剤について】
●掲載の情報は2020年8月現在のものです。
●解説には、一部適応外(承認外)使用も含まれます。実際の使用にあたって、必ず個々の添付文書を参照し、その内容を十分に理解したうえでご使用ください。
●編集制作に際しては、最新の情報をふまえ、正確を期すよう努めておりますが、医学・医療の進歩により、記載内容は変更されることがあります。その場合、従来の治療や薬剤の使用による不測の事故に対し、著者および当社は責を負いかねます。
●添付文書などに記載されている「塩酸塩」「臭化物」「ナトリウム」などの表記は、読みやすさの観点から省略しております。
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら