商品一覧

終末期の苦痛がなくならない時,何が選択できるのか?

苦痛緩和のための鎮静〔セデーション〕
著者/編者
森田達也(聖隷三方原病院 副院長 緩和支持治療科)
ISBN
978-4-260-02831-8
出版社
医学書院
発行日
2017年2月
版サイズ
B5 / 192p
価格
3,024円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 商品についてのお問い合わせ
鎮静を、深く知る!
終末期の苦痛に対応する手段には何があるのか。眠ることでしか苦痛を緩和できないとしたら、私たちは何を選択できるのか。手段としての鎮静の是非を考える時、その問いは「よい最期をどのように考えるのか」という議論に帰着する。
鎮静の研究論文を世界に発信してきた著者が、鎮静を多方面から捉え、臨床での実感を交えながら解説する、鎮静を深く知るための書。

【目次】
Prologue これは通常の治療なのか? 鎮静なのか? 安楽死なのか?−現場のもやもや
Part 1 鎮静を議論する上で知っておくべきこと
 Chapter 1 いまのところのまあまあコンセンサスがある鎮静の定義
 Chapter 2 鎮静の歴史的経緯−大枠をつかむ
 Chapter 3 倫理原則
 Chapter 4 鎮静は死を早めるのか?
 Chapter 5 日本と世界の現状
 Chapter 6 現象学の考え方−そもそも真実はあるのか?
Part 2 考察 発展的に議論する
 Chapter 7 鎮静を考える前に「誰が行っても及第点のとれる苦痛の緩和方法」を標準化せよ
 Chapter 8 「鎮静」を実施する時の方法を標準化せよ
 Chapter 9 はっきりとしたシロとはっきりとしたクロは明確にせよ
 Chapter 10 グレーゾーンでの意思決定の仕方のひな形を作れ
 Chapter 11 死亡直前の苦痛の体験を科学的に解き明かせ
 Chapter 12 どういう最期の迎え方がいいのか? を真剣に考えよう
Epilogue 現場のもやもやをすっきりさせる−最初の事例に立ち返る
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら