商品一覧

腫瘍病理鑑別診断アトラス 大腸癌

著者/編者
八尾隆史 他
ISBN
978-4-8306-2234-2
出版社
文光堂
発行日
2011年11月
版サイズ
B5変 / 306p
価格
16,500円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 商品についてのお問い合わせ
内視鏡治療や遺伝子解析の実用化で,質的変化を迫られている大腸癌とその類似病変の病理鑑別診断を,臨床家にも役に立つ構成で,写真と図表を多用し,明解に解説する一冊.

第1部 検鏡前の確認事項 I.大腸癌取扱い規約のコンセプト:国際分類との相違を含めて II.切除標本の取扱い方 III.肉眼診断 第2部 組織型と診断の実際 I.良性上皮性腫瘍 1.管状腺腫・管状絨毛腺腫・絨毛腺腫 2.鋸歯状腺腫 II.悪性上皮性腫瘍 1.腺癌 1.乳頭線癌・管状腺癌 2.低分化腺癌 3.粘液癌 4.印環細胞癌 2.腺癌以外 1.腺扁平上皮癌・扁平上皮癌 2.絨毛癌 3.AFP産生腺癌 4.癌肉腫 5.未分化癌 III.カルチノイド腫瘍と内分泌細胞癌 IV.非上皮性腫瘍(間葉系腫瘍) V.悪性リンパ腫と類似病変 VI.腫瘍関連病変 VII.ポリポーシス 1.家族性大腸腺腫症 2.遺伝性非ポリポーシス大腸癌の臨床病理−孤発性MSI陽性大腸癌との比較 3.FAP/HNPCCを除く腫瘍類似病変に関するポリポーシス VIII.IBD dysplasia/cancer IX.虫垂腫瘍 X.肛門管腫瘍 XI.転移性腫瘍 第3部 鑑別ポイント I.生検診断の難しい検体の判定 II.desmoplastic reactionの診断意義 III.内視鏡切除検体の組織診断 第4部 臨床との連携 I.早期病変における内視鏡診断と病理診断の接点 II.腹腔細胞診の判定と臨床的意義 III.薬物や放射線療法後の病理組織判定のポイント IV.大腸癌の疫学―剖検輯報から― V.本邦における臨床的な事項の把握 1.家族性大腸腺腫症 2.遺伝性非ポリポーシス大腸癌 3.IBD cancer 4.大腸癌治癒切除症例におけるサーベイランス 5.大腸多重がんの臨床 VI.大腸癌治療ガイドラインの概要 VII.病理診断報告書に必要な記載 索引
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら