商品一覧

絨毛性疾患取扱い規約

癌取扱い規約 第3版
著者/編者
日本産科婦人科学会 他
ISBN
978-4-307-30108-4
出版社
金原出版
発行日
2011年7月
版サイズ
B5 / 128p
価格
4,400円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 商品についてのお問い合わせ
前版では懸案事項とされた胞状奇胎の診断基準や、存続絨毛症の診断に必要な「胞状奇胎娩出後のhCG値の減衰パターン分類」を見直し、ETTを新たに絨毛性疾患の一つに加えるなど、現在の臨床の場にそぐうかたちで改訂。臨床的に遭遇する機会の少ない絨毛性疾患の診断・取扱いに戸惑う産婦人科医や病理医にとっての診療指針となるよう、現時点で国際的にも標準的な管理・治療法を記載し、hCGとその測定法についても詳述した。

総説 I.目的 II.対象 III.絨毛性疾患(腫瘍)の分類・定義・診断基準の歴史的変遷の概要 第1部 絨毛性疾患の分類・定義・診断基準 I.絨毛性疾患の分類 1.総論 2.臨床的分類 3.病理学的分類 II.絨毛性疾患の定義および診断基準 1.胞状奇胎hydatidiform mole 2.侵入胞状奇胎invasive hydatidiform mole 3.絨毛癌choriocarcinoma 4.胎盤部トロホブラスト腫瘍placental site trophoblastic tumor(PSTT) 5.類上皮性トロホブラスト腫瘍epithelioid trophoblastic tumor(ETT) 6.存続絨毛症persistent trophoblastic disease 7.非腫瘍性トロホブラスト病変 第2部 絨毛性疾患の臨床 I.胞状奇胎の取扱い 1.胞状奇胎の診断 2.胞状奇胎の治療 3.胞状奇胎娩出後の管理 4.胎児共存奇胎の取扱い II.侵入胞状奇胎の取扱い 1.侵入胞状奇胎の診断 2.侵入胞状奇胎の治療と予後 III.絨毛癌の取扱い 1.絨毛癌の診断 2.絨毛癌の治療と予後 IV.胎盤部トロホブラスト腫瘍(PSTT)の取扱い 1.PSTTの診断?臨床所見と症状? 2.PSTTの治療と予後 V.類上皮性トロホブラスト腫瘍(ETT)の取扱い 1.ETTの診断?臨床所見と症状? 2.ETTの治療と予後 VI.存続絨毛症の取扱い 1.存続絨毛症の診断 2.存続絨毛症の管理 VII.hCGの低単位持続分泌症例の取扱い VIII.hCGとその測定法 1.hCGのheterogeneity 2.下垂体性hCG 3.phantom hCG 4.hCGの測定 IX.絨毛性疾患の化学療法 1.非絨毛癌群に対する化学療法 2.絨毛癌群に対する化学療法 3.効果判定と寛解判定の基準 4.絨毛性疾患に使用される化学療法剤の種類 5.絨毛性疾患に対する汎用レジメン X.FIGO 2000 staging and risk factor scoring system for gestational trophoblastic neoplasia 第3部 絨毛性疾患の地域登録?日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会への登録の実際? I.概説 II.地域登録報告書 III.絨毛性疾患地域登録成績 第4部 絨毛性疾患の組織図譜
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら