商品一覧

慢性肝炎・肝硬変の診療ガイド 2019

著者/編者
日本肝臓学会
ISBN
978-4-8306-2105-5
出版社
文光堂
発行日
2019年4月
版サイズ
B5判 96頁
価格
2,200円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 商品についてのお問い合わせ
日本肝臓学会編集による,一般臨床医のための慢性肝炎・肝硬変診療に役立つガイドブックの最新版.慢性肝炎治療に関しては,新しい薬剤の登場による進歩が著しく,最新の情報にアップデートされ大幅に改訂されている.改訂を続けている日本肝臓学会ガイドラインに沿って,最新の診断と治療の実際を,非専門家にも読みやすく,わかりやすく解説した.肝臓専門医だけでなく,慢性肝炎・肝硬変患者の診療に携わるすべての臨床医,コメディカルにも必携の一冊.

【目次】
第1章 B型肝炎
1 概 要
 1.はじめに
 2.HBVとその感染
 3.診断と病態の把握
 4.治療の対象と目標
2 検査・診断
 1.はじめに
 2.B型肝炎の診断
 3.HBV活動性の評価
 4.抗ウイルス療法とウイルスマーカー
 5.遺伝子型(genotype)とウイルス変異
 6.その他の検査
3 経 過
 1.はじめに
 2.HBVキャリアの病期
 3.HBVキャリアの自然経過
 4.HBV再活性化
4 治 療
 1.B型慢性肝炎の治療方針
 2.B型肝炎の各種治療法

第2章 C型肝炎
1 概 要
 1.C型慢性肝炎とは?
 2.診断の流れ
 3.治療の流れ
2 検査・診断
 1.疫学
 2.診断にあたって
 3.検査を進めるにあたって
 4.一般臨床検査成績
 5.C型肝炎ウイルスマーカー
 6.診断
3 経過・予後
 1.C型急性肝炎
 2.C型慢性肝炎
 3.肝外合併症
4 治 療
 1.C型慢性肝炎治療の基本的な考え方
 2.抗ウイルス療法の治療対象
 3.抗ウイルス療法の治療効果判定
 4.直接型抗ウイルス薬(direct acting antiviral:DAA)
 5.IFN-based治療
 6.IFN-free治療
 7.抗ウイルス療法の治療選択
 8.肝庇護療法
 9.IFN少量長期投与
 10.一般的な注意

第3章 肝硬変
1 概 要
 1.概念
 2.分類
 3.疫学
 4.診断指針
 5.経過観察・治療指針
2 検査・診断
 1.症候
 2.検体検査
 3.画像診断
 4.画像診断(肝硬度診断)
 5.腹腔鏡,肝生検
 6.診断
3 経過・合併症
 1.合併症
 2.経過,予後
4 治 療
 1.はじめに
 2.肝硬変の治療方針
 3.肝硬変の薬物治療
 4.肝硬変合併症の治療
 5.日常生活の指導
 6.肝移植
5 肝細胞癌のスクリーニング
 1.はじめに
 2.肝硬変からの肝細胞癌発生リスク
 3.血液検査による肝細胞癌のスクリーニング
 4.画像診断による肝細胞癌のスクリーニング
 5.腎機能低下,造影剤アレルギーの有無による画像検査の選択
索 引
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら