商品一覧

健康格差社会への処方箋

著者/編者
近藤克則(千葉大学予防医学センター社会予防医学研究部門 教授)
ISBN
978-4-260-02881-3
出版社
医学書院
発行日
2017年1月
版サイズ
A5 / 264p
価格
2,750円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 電子書籍版ページへ
  • 商品についてのお問い合わせ
健康格差に挑むための「根拠」と「戦略」を実証的に示す!
社会・経済的因子による健康格差の実態とその生成機序を「健康格差社会」と命名し各界にインパクトを与えた著者が、その後の研究や社会の動向を見つめ、「どうすべきか」を示す「処方箋」。格差の要因を示すだけでなく、「格差対策に取り組むべきか」という判断の根拠をも提供、その上で国内外で実証されつつあるミクロ・メゾ・マクロレベルの戦略を紹介する。医療政策関係者や公衆衛生関係者に必読の1冊。

【目次】
序章 処方のために何が必要か
第1部 なぜ健康格差が生まれるのか−「病理」編
 第1章 ライフコース・アプローチ
 第2章 仕事と健康
 第3章 遺伝と環境
第2部 根拠は十分か、治療を試みるべきか−「価値判断」編
 第4章 歴史に学ぶ
 第5章 「遅ればせの教訓(レイト・レッスン)」に学ぶ
 第6章 社会保障は経済を停滞させる?
第3部 では何ができるか−「処方箋」編
 第7章 「健康格差」対策の総合戦略
 第8章 個人・家庭レベルの危険因子への戦略
 第9章 メゾレベルの危険因子への戦略(1)職場・職域における対策
 第10章 メゾレベルの危険因子への戦略(2)健康なまちづくり
 第11章 メゾレベルの危険因子への戦略(3)ソーシャル・キャピタル
 第12章 マクロレベルにおける対策−社会政策
 第13章 ハイリスク・アプローチの限界とそれに代わるもの
 第14章 ポピュレーション・アプローチの具体化
 第15章 国内外にみる変化の兆し
 第16章 健康格差対策のための7原則
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら