商品一覧

アウトブレイクの危機管理

新型インフルエンザ・感染症・食中毒の事例から学ぶ 第2版
著者/編者
阿彦忠之(山形県衛生研究所長)
稲垣智一(前東京都福祉保健局感染症対策課長)
尾崎米厚(鳥取大学准教授)
中P克己(岡山市保健所長)
前田秀雄(東京都福祉保健局技監)
ISBN
978-4-260-01659-9
出版社
医学書院
発行日
2012年10月
版サイズ
B5 / 216p
価格
3,456円 (税込・送料別)
数量
  • カートに入れる
  • 商品についてのお問い合わせ
感染症アウトブレイク対策にかかわる公衆衛生関係者の必読書

感染症・食中毒の集団発生(アウトブレイク)に対する公衆衛生の対策・対応方法を示した書籍の改訂第2版。2009年の新型インフルエンザ感染拡大時における都市部と地方都市の対応事例や報道発表事例などから、公衆衛生担当者がどのような対策をとるべきかを提示する。今後発生する恐れがある鳥インフルエンザなど、さまざまな感染症アウトブレイク対策への準備にかかわる公衆衛生関係者にとって必読の書。

目次
第1章 実践編
【事例1】新型インフルエンザ対策
【事例2】新型インフルエンザ対策
【事例3】新興感染症発生時における報道発表
【事例4】O157の大規模アウトブレイクと医療体制
【事例5】広域流通汚染食品によるO157のdiffuse outbreak
【事例6】水系感染によるクリプトスポリジウム症集団発生
【事例7】透析施設での劇症肝炎集団発生
【事例8】院内感染による中耳結核多発事例
【事例9】介護職員を巻き込んだ疥癬の集団発生
【事例10】精神科病院におけるインフルエンザ集団感染
【事例11】予防接種健康被害
【事例12】保育所における赤痢集団発生が3か月にわたり遷延した事例
第2章 演習編
[紙上シミュレーション演習(1)]原因不明の皮膚炎の流行調査事例
[紙上シミュレーション演習(2)]障害者施設における下痢症集団発生事例
第3章 標準対応編
第4章 平常時からの危機管理
施設における危機管理
サーベイランスと平常時対策
関連商品
お支払いについて
  • 代金引換     ※代金は商品配送時に配送業者にお支払いください。
  • クレジットカード ※VISA、MasterCard、JCB、Diners、AMEXがお使いいただけます。
  • 神陵文庫会員   ※弊社とお取引きいただいているお客様がお選びいただけます。
  • 公費払い     ※病院・大学の研究費等でのお支払いにご利用いただけます。
  •  
詳しくはこちら
送料・発送について

発送手数料は、実費相当額を頂戴いたします。

詳しくはこちら